浮気調査をして浮気を確認した後の対処法

浮気調査の結果、浮気だったらどう対応するべきか?

円満な解決を望む場合には、浮気の証拠を相手に見せ、浮気相手との関係を清算することを約束させることで解決できますが、配偶者の浮気が、非常に深刻な浮気であり、夫婦関係をこれ以上維持することができないと判断した場合には、離婚をすることになります。

 

当人同士がスムーズに話し合いができ、結果を出せるのであれば協議離婚という方法で離婚の手続きを進めます。

 

協議離婚の場合には、裁判所などに出向かず、夫婦だけで離婚を決定し、市区町村の役場に離婚届けを提出するだけで、離婚が成立します。
離婚届を提出する前に、親権をどちらかとるかということを決め

  • 養育費
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 子供との面会の条件

などについて話し合った内容を離婚協議書にまとめましょう。

 

離婚協議書のままでは、法的な効力が無いので、離婚後、確実に離婚協議書の内容を守ってもらう為には、離婚協議書の内容を基に、公証役場で公正証書を作成しておくことが大事です。

 

慰謝料や養育費は、子供にとっても、離婚する本人にとっても、離婚後の生活を左右する大事なものですので、納得のいくまで話し合いをし、できるだけ有利な条件で話し合いを進めましょう。

 

 

当人同士の話し合いでは合意に至らなかった場合には、家庭裁判所に離婚調停の申し立てをし、調停委員を介して、離婚についての協議を行います。

 

調停委員にそれぞれが、お互いの言い分を伝え、話し合いを進めていくのですが、裁判になった時のことを考慮して証拠の写真などは調停委員には提出しますが、その証拠があるということを相手側には知らせないように伝えておきましょう。

 

離婚調停で解決せず、裁判に進んだ時、こちらが証拠を握っていることが相手に伝わってしまうと、こちらに有利な展開で話し合いを進めることができなくなるからです。
裁判の場では、相手の不貞の証拠が、非常に重要な判断ポイントになります。

 

>>不貞行為と認められる浮気とは