基本的な浮気調査の流れをご紹介します

浮気調査の流れ(1)

探偵社や興信所に電話やメールで相談します

費用の心配があったり、実際に依頼するかどうかを迷ったりしている時は、まず電話かメールで相談してみましょう。
浮気調査の内容やそれに伴うおよその費用の目安を教えてくれます。

 

 

担当者と面談をします

メールや電話で相談をした後、依頼する決心がついたら、予約をして、面談をします。
面談では、現在抱えている配偶者の浮気の状況を説明し、どの程度までの調査を依頼したいのかという自分の希望を伝えます。

 

調査の内容によって調査費用が変わるので、担当者は依頼者の希望に合わせた調査方法に合わせた見積もりを出してくれます。

 

例えば、証拠となる浮気現場の写真を撮ってもらいたい、浮気相手の素性を知りたい、浮気がいつごろから続いているのか知りたい、どのようなパターンであっているのか知りたいなど、希望する内容によって、調査員の数、必要な機材、調査に必要な日数などが変わってくるからです。

 

また、こちらから、合理的ではない希望を出した場合には、それを修正するようなアドバイスもしてもらえます。

 

浮気相手と会う日時と場所が特定しているような場合にピンポイントで依頼し、写真だけ撮影してほしいというような依頼もできますが、調査費用が安くなるかわりに、病気や出張などで浮気相手と会う日取りが変更になった場合、調査ははずれになってしまいますが調査費用は発生してしまいます。

 

その様なことを避けるための調査方法を提案してくれます。

 

ある程度の期間調査してもらう場合には、調査の進捗状況の報告をどの程度の頻度でしてもらえるのかということを必ず確認しておきましょう

 

 

結果報告

写真、動画などのうち、どのような証拠品を提出してもらえるのか、報告書は作成してもらえるのかといったことを自分の出した希望の内容にあわせて、契約の前に確認してくことが大事です。

 

 

調査費用、経過報告、結果報告、証拠品など、全ての条件に納得出来たら契約をしましょう。

 

 

浮気調査のよくある質問はこちら