こんな場合どうなる?~ケース3~

こんな場合どうなる?③

 

行方不明

 

ある日仕事から帰ると、妻が居らず荷物もなくなっていました。
机の上に置手紙があり「もう家には帰らない」という内容でした。
すぐに妻を捜しましたが、手がかりがなく調べようがありません。
妻の知人や実家にも問い合わせましたが、連絡はないようです。
そして現在、好きな女性ができ結婚を考えています。
妻がいなくなってから2年が経過していますが、相手と話せない状態でも離婚することは可能なのでしょうか?

 

 

 

離婚は認められます。
ただし、いくつかの要件を満たす必要があります。

 

このようなケースですと、民法770条1項2号に該当する可能性が高いといえます。
これは「悪意の遺棄」と呼ばれ、理由もなく行方不明が続く場合に認められるものです。
離婚するには生死不明の裁判離婚を提起する必要があります。
通常は調停を経た後でなければ裁判を行えませんが、相手が行方不明の場合は例外としていきなり裁判を行うことができます。

 

また、民法770条1項3号に「生死が3年以上明らかでないとき」とあります。
これは生死不明の状態が3年以上続いたときは、無条件で離婚できることを意味します。
今回の場合ですと、奥様が家を出たのが2年前ということですので、要件を満たすにはあと1年必要となります。
あくまで生死不明の場合ですので、どこかで生きているけど住んでる場所は知らない、という場合は認められませんので注意が必要です。

 

さらに行方不明から7年が経過した場合ですと「失踪宣告」を裁判所にしてもらうことができます。
これは宣告された人を「死んだとみなすもの」ですので婚姻関係も当然に終了します。
ただし、この方法ですと相続関係が発生したりと、他の権利義務関係にも影響しますので事前によくご相談のうえ行う事を強くおすすめいたします。