浮気を法的に不貞行為と認めさせるには

不貞行為と認められる浮気とは

相手の浮気で離婚することになり、調停や裁判になった場合、どの程度の浮気が法的に不貞行為とみなされるのでしょうか?

 

調停や裁判で離婚する場合、できるだけ有利な条件で離婚することが、離婚後の生活を大きく変えますので、法的に不貞とみなされる浮気とはどのようなものなのか確認しておきましょう。

 

基本的に、浮気は、法律的には不貞行為といい、離婚の原因の一つとして認められています。

 

民法では、
配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の異性と性的関係を持つ事
が不貞行為に当たると定められています。

 

従って、離婚調停や離婚裁判になった場合には、確実な不貞行為の証拠が重要なカギになります。

但し、夫婦関係が破たんした為、お互いに納得して別居しているような状態になってからの浮気や、お互いにもともと離婚をするつもりがあって別居していた場合には、それが家庭内別居であったとしても、不貞行為とは認められません。

 

反対に、どちらかの一方的な提案で、別居している場合、お互いが納得して別居することになった以前から浮気をしていた場合には、不貞行為と認められます。

 

また、浮気の内容が

  • 一緒に食事を摂る
  • 旅行に出かける
  • 電話やメールのやり取りをする

などの範囲内であり、性的な関係がなかった場合には不貞にはなりません。

 

また、離婚の裁判では、不貞行為を働いたとしても、それが1,2回の事であり、継続的な浮気でなければ、離婚の原因となる不貞行為と判断されない場合もあります。

 

従って、配偶者の浮気の兆候を感じ取って、浮気調査を依頼し、浮気の証拠となる写真などを集めても、結果報告を受けた時に感情的になり、すぐ家を飛び出したりすると、調停や裁判の場で、もともと離婚の為に別居していたという流れになってしまう可能性もあるのです。

⇒浮気調査にかかる費用について

 

離婚をしようと決めたら、冷静に行動し、配偶者と浮気相手から、納得のいく慰謝料を受け取れるようにしましょう。